異動や業務の変化によるストレス解消法

「異動した途端に体調が悪くなった」「部署が変わったが自分に合わない」こんな人は異動や業務の変化が原因でストレスを抱えてしまっている可能性があります。

公務員や大企業に勤務する場合、異動や部署異動は頻繁に行われますが、なぜこのようなことでストレスを感じてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

異動・仕事の変化によるストレスとは

異動や昇進・業務の変化は仕事上での突発的ストレスと言えます。

昇進も含まれているように、それが喜ばしい異動であっても、そもそも人は環境の変化をストレスに感じるものなんです。

異動によって家を引っ越すことになる場合などは、プライベートも仕事も変化するため、これだけでもなかなか大きなストレスとなります。

また、異動先の慣れない人間関係に気を遣いすぎたり、新しい業務を覚えるまで力が入りすぎることもストレスの原因となります。

慣れない仕事・環境ではどうしても肩に力が入り、いつも以上に精神を消耗します。

これらの環境の変化は次第に順応していけることと思いますが、最初から張り切り過ぎると息切れして、慣れてきた頃にガタッと体調を崩すこともあるので気をつけましょう。

仕事によっては異動・業務の変化は避けられないことも多いので、なるべくストレスを溜めない方法をここでは紹介していきたいと思います。

いつまで経っても異動先に馴染めない場合、業務内容や職場が合っていない可能性もあります。

その時はこちらの記事をご覧ください。

仕事・職場が合わない時のストレス解消法

異動のストレス
環境の変化にストレスはつきもの。

異動・仕事の変化からのストレス解消法

家庭のイベント日をずらす

企業によりけりですが、異動は4月に行われることが多いと思います。

それにともなって、引っ越しなど家庭の変化も3月~4月にかけて行われることが多かったりしますよね。

上でも書いた通り、プライベートも仕事も新しい事ばかりでは、ずっと心が休まらない状態になってしまいます。

ですから、なるべく仕事の変化と家庭の変化は別の時期にずらす方が良いです。

例えば近場での異動が早めに分かっていれば、先に引っ越しだけを済ませておき、そちらの生活に慣れた頃に異動日を合わせるようにすると、精神的に負担なく両方の異動(移動)が実現できます。(これは色んな条件が合わないと難しそうですが…)

もし、仕事の異動と引っ越しが重なるようであれば、仕事を早めに切り上げる、家事を少し他の人に負担してもらうなど少しでも精神的な負担を軽くするようにしましょう。

何度も言いますが、いきなり飛ばし過ぎは良くありません。

仕事のやり方を見直す

異動はある意味で自分の仕事のやり方を変えるチャンスにもなります。

ダラダラと仕事をして残業をしたり、付き合い残業をしてきた人は、同じところでいきなり残業を止めるというのはなかなか難しいものですよね?

異動を機に、これまでダラダラやっていた仕事を見直し、残業をしない姿勢に改めてみてはいかがでしょうか。

また、自分が仕事を受け持ちすぎていた、と感じる場合はこれを機に周りの人に仕事を振り分けることを考えてみるのも良いでしょう。

最近は国も残業時間を抑える方向で動いており、昔と違って「定時までにきちんと仕事をこなせる人」が仕事ができる人という価値観に変化しつつあります。

異動は自分の仕事のスタイルを見つめ直す良い機会です。

悪いところを改善し、早く帰れるようにすることで、精神的にも肉体的にも随分と余裕のある生活を送れるようになるはずです。

リラックスできる時間を取る

慣れない仕事や環境は筋肉を硬直させ、肩こり、頭痛などの原因となります。

これらの症状が出ている時は、以下の記事を参考に症状に対処しつつ、環境に慣れていってください。

ストレスが原因で起こる緊張型頭痛の対処法

また、身体と同様、心も身体をストレッチで伸ばすように、ほぐしてあげる必要があります。

仕事から帰ってきてホッとできる時間、休みの日などに意識的にリラックスできる時間を確保してみてください。

リラックスするための具体的な方法についておすすめリラックスグッズに書いていますので参考にしてみてください。

特に忙しい方には、簡単に始められるアロマやハーブティーがおすすめです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加