夫源病を防げ!夫へのストレス解消法

夫源病」という病気をご存じでしょうか?

夫に感じるストレスが原因で、様々な身体症状が出る病気のことです。

このような病気があるように、妻の最大のストレス源は夫だと言われています。

スポンサーリンク

妻が夫に感じるストレスとは

本来、最もくつろげ、癒しの場であるはずの家庭。

そんな家庭で、妻は最大のストレス源に晒されている事になります。

これはなぜでしょうか?

その理由の一つは、女性に大きくのしかかる家事の負担です。

最近は共働きする家庭も増えてきましたが、未だ家事は妻が主に負担することが多く、仕事して帰ってきてからも家事のストレスを感じることになります。

仕事して結果を出せば褒められるのに対し、家事はどれだけ頑張っても褒められることがない労働です。

特に家事が苦手な女性は、仕事以上に負担を感じるようですね。

もう一つの理由は、夫が妻を抑えつけている場合です。

ワイドショーでも話題となった「モラハラ」ですね。

「お前は何もできなんだから」「俺に黙ってついてこればいいんだ」

このような亭主関白タイプの夫は妻の「~したい」という言葉に耳を貸さず、妻ができないことを責め立てて妻を委縮させます。

いつ怒られるかわからないという緊張状態が長時間続き、これがストレスとなってしまうのです。

夫が働きに出ている平日であれば、妻も気分転換ができるのですが、休みの日に夫が家にいるとストレスになって気分が悪くなったりする場合も…。

また、働いているうちは大丈夫でも、夫が定年退職後、ずっと家にいるため、息がつまり我慢できなくなるというパターンもあります。

最初に出てきた夫源病はまさにこのストレスによって様々な身体症状が現れる病気です。

他にも我慢を続けると、うつ病などの精神疾患を抱える可能性もあります。

できることなら自分で選んだ人生のパートナーに対してストレスは溜めたくないものですよね。

どのようにすればストレスを溜めない、または軽減することができるのでしょうか。

夫へのストレス
妻が感じるストレスの最大の原因は夫。

ストレス解消法

夫の嫌な部分を見つめ直す

夫に対して「~してくれない」という不満を持っている方は多いのではないでしょうか?

「家事を手伝ってくれない」「子どもの面倒をみれない」などの不満は、貴方が夫に対して期待していることを裏切られることによって生まれるものです。

なのでまずは、夫に対して過度な期待を持たない事です。

夫のことは貴方が一番よく知っているはずです。

「~してくれるはず」という期待を持つより、「こういう時は~だろうな」という普段の夫が取りそうな行動を予測することで、夫への不満を和らげることができます。

言い方を変えれば、「諦めの境地」とも言えますが…、実は人に対する怒りは相手に期待しすぎていることから生じることも多いんです。

当然のことながら誰しもが完璧な人間ではありませんし、物事の考え方も人それぞれです。

貴方の望むことをきっちりやってくれる方が奇跡と言っても良いのです。

夫ができないことを見るよりも、出来ることを伸ばしてあげる方が夫のためにも貴方のストレスを溜めない為にも良い方法だと言えるでしょう。

しばらく夫と距離を取る

夫との距離が近すぎて、へとへとに疲れてしまう場合、夫源病になる危険性があります。

そういった場合には、一度夫から距離を取る必要があります。

外で友達と食事会でも良いですし、とにかく家庭のこと、夫のことが一時でも忘れられる環境で過ごすようにします。

そうすることで精神エネルギーがリフレッシュされ、家庭のストレスが軽減できます。

定期的にこういう機会を作り、ストレスを溜め込まないことが大事です。

夫に反対されてしまう、という場合は家庭外の人を巻き込んで話をしてみましょう。

例えば実家の両親、夫とも関わりのあるご近所さんなど。

夫が家庭内で偉そうに振る舞う理由として、「外でできないから」という理由もあります。

このように家庭外の人間を巻き込むことで、波風立てずにスムーズに話をできる可能性がありますので、試してみてください。

夫とじっくり話す時間を設ける

夫婦間でコミュニケーションが取れず、互いに言いたいことが言えない家庭では、家庭の雰囲気はどんどん悪くなっていきます。

適度に相手に不満をぶつける方が、健全な家庭だと言えるでしょう。

仕事のある平日はなかなか夫がまともに話を聞いてくれないことも多いと思います。

そういう時には、休日にじっくり真面目な話をするという手もあります。

その場合、事前に伝えなければならないことをしっかり整理した上で話し合いをすると、話が脱線することなく上手く話し合いができるでしょう。

男性は女性と違って、理路整然とした話を好みます。

女性同士のように、あちこちに話が飛んで結論が特にない話は男性にとってはイライラしてしまうもと。

言いたいことをきちっと伝えてあげると夫に話が伝わりやすくなります。

これには上手く話を伝える技術、アサーションを利用してみるのもいいかもしれません。(→参考記事

特に子どもの教育方針などの重要なことはこういう場を設けてじっくり話をした方が良いでしょう。

ストレス解消サービス

専業主婦で社会とのつながりが薄い場合、なかなか友人に夫の愚痴を話す機会がないかもしれません。

そういう時に利用できるのが、ネットで愚痴や話し相手になってくれるサービスです。

親身になって話を聞いてもらえ、友人と違って相手の愚痴を聞かずに済みます。

守秘義務があるため、夫や知り合いに話したことがばれる心配もありません。

話し相手サービスは10分700円~で、初回の利用は20分間無料です。

詳しくは↓のバナーからどうぞ。
バナー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加