ご近所トラブル・ご近所づきあいのストレス解消法

今も昔もご近所とのお付き合いは難しいものです。

ご近所と人間関係がこじれる、騒音問題がある、異臭・ゴミ問題がある、などなど近くに住んでいるからこそのトラブルのもとが沢山あります。

人間関係のトラブルは精神的ストレスになりますし、騒音・異臭などは科学的ストレッサーとなり、健康被害が生じる可能性もあります。

これらの近所トラブルのストレスを解消するにはどうしたら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

親しくても、無関心でもご近所トラブルは発生する!?

近所づきあいが減ってきたと言われる昨今ですが、ご近所トラブルが減ってきたというのはなかなか聞きません。

むしろ、近所トラブルで殺人事件にまで発展するケースもあるくらいです。

実はご近所トラブルには2種類のパターンがあるのです。

1つは近所の人と親しく付き合いすぎて、「プライベートにまで踏み込まれた!」とかご近所内でのいじめが起きるというケース。

これは昔から問題になるトラブルで、ご近所のママ友とのお付き合いやご近所による嫌がらせなどで今も悩んでいる人が多いと思います。

家から遠いところで仕事をしている場合、ご近所以外のコミュニティがあり、気分転換もしやすいですが、自営業や専業主婦で生活全てにご近所と関わらなければならないケースでは他のコミュニティを持ちづらく、ずっとストレスを溜め続けることになります。

もう1つは、騒音・異臭などご近所の迷惑行為が問題となるケースです。

こちらも昔からゼロではありませんでしたが、近年特に急増しているトラブルですよね。

こちらは近年の「ご近所付き合いが薄い」状態が大きな原因となっています。

ご近所さんの顔を見たことがない・知らないことで、周りに人が住んでいるという意識が薄くなり、傍若無人な生活をすることができるのです。

逆に言えば、近所づきあいが深いのに、好き勝手な生活をしている人というのはあまりいません。

想像してみると分かると思いますが、知り合いが隣に住んでいる場合は多少気を遣いますよね?逆に近所に家がなければ、もっと伸び伸びと自由に過ごすのではないでしょうか?

前者は特に1戸建てや子育てをしている家庭が陥り易く、後者は1人暮らし用アパートなどで近所の人と顔をあまり合わせない環境で起きやすいトラブルです。

これらのストレスが溜まると、不眠などの症状が出たり、騒音・異臭などがあれば体調を崩す危険性もあります。

ご近所トラブルのストレス
ご近所とはトラブルなく付き合いたいものです。

ストレス解消法

「適度」な付き合いを心がける

ご近所付き合いは踏み込み過ぎず、顔は覚えてもらう程度の付き合い方が理想です。

ご近所付き合いは友達づきあいとは違います。

徐々にご近所さんを知り親しくなるのは良いと思いますが、最初からフレンドリーに色々話しすぎるのは危険。

相手がどんな人なのかを把握し、自分と合う人なのかどうかしっかり見極めましょう。

ご近所という性質上、もしも関係がこじれてしまってもなかなか簡単に関係を切ることができません。

警戒が必要とはいえ、近所の人に挨拶もかわさないのでは相手の心証も良くありません。

近所の陰口の的になってしまう可能性があります。

無駄なトラブルに巻き込まれたくなければ、近所の人と顔を合わせた時には笑顔で挨拶し、何かプライベートを詮索されそうになった時にはうまくはぐらかすのが良いでしょう。

また、自分からご近所の問題に顔を突っ込みたくなる人がいます。

隣人トラブルに悩んでいる方いますか?(ヤフー知恵袋)を見てみると分かりますが、回答者の中には自分が被害に遭っている訳でもないのに、ストレスを感じている人がいます。

私から見ればとても難儀な人達ですが、こういう人が多いのも事実。

自分が被害を受けない限り、深刻に考える必要など何もありません。

できるだけ客観視して、自分とは無関係なことにストレスを溜めないようにしましょう。

ご近所の人に関心が高いと、自分が他人のプライベートを犯してしまう可能性もありますので、その点でも注意が必要です。

悪口・陰口はトラブルのもと

近所づきあいの井戸端会議でよく話題に上るのが、そこにいない近所の悪口・陰口です。

みんな大好きな話題なのですが、自分もそれに積極的に参加してしまうと恨みを買ってしまう可能性があります。

女性同士では、同じように悪口を言わないと今度は自分が標的にされるなんてこともありますので、ある程度周りに合わせる必要があるかもしれませんが、少なくとも自分から悪口を言うようなことのないようにしたいものです。

言っても嫌われる、言わなくても嫌われる…何とも悩ましいところですよね。

もし、ご近所の悪口を言いたい場合は、できるだけ家の中や近所に住んでいない友達相手など、別のコミュニティで話すようにしましょう。

いざという時は相談する

異臭・騒音などの近所トラブルに巻き込まれ、相手がどういう人か分からない場合、1人で訪問するのは少々危険です。

まずは管理人や自治体などに相談しましょう。

管理人や自治体から「ご近所さんから苦情がきていますよ」と言ってもらうのが一番です。

この方法であれば、誰から苦情が来てるということもバレず、恨みを買うこともないと思います。

もし、この手段が使えない場合は、他のご近所さんや家族を誘って数人で話に行くようにしてください。

大抵の人ならば、一度注意すると気づいて気をつけてくれるはずです。

しかし残念なことですが、中には全く聞く耳持たない人もいます。

何度注意しても収まらない場合は、警察に相談してみるのも1つの手です。

ほぼ確実にその人との関係は悪化するので、これは最終手段ですけどね。

自分の身を守るためにも、戸締りはきっちりするようにしましょう。

引っ越しする

本当に最後の最後の手段です。

ご近所さんとの関係がにこじれたり、迷惑行為が全く収まらない場合、引っ越しすることも考えましょう。

お金も労力もかかることですので、簡単にできることではありません。

しかしストレスを溜め込んだ末、身も心もボロボロになることを考えれば、このような出費・労力の方がマシなこともあります。

辛い状況が一向に改善されない時には、早めに決断した方がいいかもしれません。

ここでは悪い事ばかり書きましたが、いざという時に助けてくれるのは家族や友人よりご近所さんなんてこともあります。

良好な関係でありたいものですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加