ストレスが原因で起こる緊張型頭痛の対処法

頭痛持ちの人って多いですよね。

私も頭痛持ちで、平均して週に2回程度は頭痛に悩まされています。

頭痛が起こると集中力が途切れたり、イライラしたりして、仕事や生活に支障をきたきたすこともしばしば。

更に酷くなると頭痛の痛みで何も出来なくなる人もいるようです。

このような頭痛の原因の1つはストレスだと言われています。

スポンサーリンク

頭痛の約7割がストレスが原因!

頭痛の原因を調べてみると、その約7割が緊張型頭痛と呼ばれる頭痛だということが分かりました。

緊張型頭痛の原因は身体や精神のストレスからくるもの。

以下のサイトに緊張型頭痛の特徴が書かれていましたので、引用します。

緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張からおこる頭痛。 多くは肩こりが見られ、頭の後ろからてっぺんあたりがズキズキ。 「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも呼ばれるほどです。

症状は、頭を締めつけられるような頭痛が持続的に発症。 「ヘルメットをかぶったような圧迫感」「はちまきで 締め付けられるようなギューっとした痛み」などと表現されるんです。 後頭部から首筋にかけて、多くは両側におこります。

症状が悪化していくと、稀に発症していた頭痛が、 頻繁に発症するようになり、その後は慢性的な頭痛になるんです。 何よりも悪化を予防することが大切です。

出典:http://www.kobayashi.co.jp/brand/zukilabo/theme/index.html

緊張型頭痛が起こる身体的ストレス・精神的ストレスには次のようなもののことを言います。

身体的ストレス

  • ずっとオフィスワークなど一日中同じ姿勢でいること。
  • 合わない寝具・枕で就寝すること
  • 運動不足

特にオフィスワークやPCを長時間するような人は心当たりがあるのではないでしょうか?

上記のような無理な体勢を長時間続けたり、全く身体を動かなさない状態を身体はストレスと感じてしまいます。

つまり、首や肩がこるのと同じような原因と言えます。

精神的ストレス

  • 仕事がうまくいかない
  • 人間関係でトラブルがある
  • 大きな仕事や受験前で緊張する

上記のような心配ごと・悩みでも緊張型頭痛は発生します。

身体的ストレスと精神的ストレスでは全く別物と感じますが、実はどちらも共通して首や肩の神経・筋肉が緊張するという特徴があるため、結果的に同じ緊張型頭痛が引き起こされるんですね。

緊張型頭痛
長時間PCを扱う人が増え、緊張型頭痛は誰もがなり得る病気だと言えます。

緊張型頭痛の対処法

血行を良くする

緊張型頭痛は首筋から肩にかけて神経・筋肉が収縮し、血行が悪くなることで起こります。

そこで、神経・筋肉の収縮を抑え、血行を良くする方法が効果的となります。

具体的には、ストレッチや体操などの適度な運動、PC作業やオフィスワーク中の姿勢を良くする、お風呂などで首や肩を温める、マッサージをするなどの方法があります。

簡単にできるストレッチとしては、頭からつま先までの身体の中心軸をぶらさず、肩を左右に揺らしたり、肩を回したりするのが効果的だそうです。

ラジオ体操の中にもある運動ですね。

PC作業中でも、2~3時間に1回、1分間でもいいのでこの運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

痛みを和らげるには?

一時的に痛みを和らげるには、鎮痛剤が有効となります。

鎮痛剤で特に有名なのがロキソニンですね。

ロキソニンS(痛み止め) 12錠×5個

特に説明するまでもないですが、頭痛を始めとした身体の痛みを和らげたり、熱を下げる効果のある薬です。

胃への負担が大きいため、病院では胃薬と一緒に処方されたりします。

上記リンクの商品はロキソニン12錠×5箱で2,724円というお得なもの。

いつ頭痛がきても良いように大量に常備しておきたい薬ですから、まとめ買いできるっていうのは便利ですよね。

服用は1回1錠。

私が医師に聞いた話だと1日2錠~3錠くらいまでが目安とのこと。

1日に大量に服用するのはよくないようですし、徐々に薬の効き目も悪くなります。

1日に何度も頻繁に頭痛がある方は、この時間だけは痛みを抑えておきたいという時にだけ服用した方が良さそうです。

また、胃・十二指腸潰瘍、肝臓病、腎臓病、心臓病などの持病がある方や妊婦さんは服用しない方が良いようです。

ストレスのもとを解消しよう

ここで紹介した対処法はあくまで頭痛に対する対処法です。

身体的ストレスが原因の場合は、上で紹介したストレッチ・マッサージ等で改善する可能性がありますが、精神的ストレスの場合、心配事・悩みを解決しない限りいつまでも緊張がほぐれません。

このサイトの原因別ストレス解消法では、ストレスの原因を取り除くための方法などを書いていますのでそちらの記事も参考にしてストレス解消を図ってください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加